BLOG

オーストラリア留学フェア2015に参加しました

大盛況だったオーストラリア留学フェア2015

11月8日9日に、オーストラリア大使館主催のオーストラリア留学フェア2015が東京秋葉原にて開催されました。 オーストラリアからは60校以上の教育機関の担当者が来日して、個人・学校・留学エージェント向けにさまざまなイベントやセミナーが開催されました。 オーストラリアの各州・各校がぞれぞれに魅力をアピールしており、オーストラリア留学を考えている方々にとっては具体的なイメージをもつよい機会になったのではなかと思います。

オーストラリア留学の魅力を再認識

当社では、オーストラリア総領事館の教育担当商務官の松本氏による教育関係者向けのセミナーに参加しました。

セミナーでは、オーストラリアが留学・研修先に選ばれる理由として、下記の6つが説明されました。

  1. 治安の良さ
  2. 日本との時差が少ない
  3. 研修時期
  4. 受け入れ体制の充実
  5. グローバルな社会
  6. アジアに最も近い英語圏

留学期間の限られている学生や社会人の方々の状況を考えた場合、3番の研修時期と6番のアジアに最も近い英語圏というポイントは、オーストラリア留学の大きな魅力であるとあらためて感じました。

日本の春・夏休みはオーストラリアの学期中であること

何らかの専門科目を勉強する専門・キャリア留学や専門分野関連のスタディツアー・社員研修を考えている場合、留学先で通常の学期の授業に参加できることはとても重要です。 留学やツアーのスケジュールを組むときに、日本の春休み・夏休みを利用したり、日本での学期が終わって春休み・夏休みが留学のスタートとなったりする場合も多いかと思います。オーストラリアは日本とは学期が異なるため、日本の春休み・夏休みは通常の学期中にあたるので、問題なく通常の授業に参加可能になります。 特に夏休みに留学をプランする場合には、北半球の国への留学では日本の夏休みと同じ時期に夏休みになってしまうので、留学期間を効果的に使えないリスクがあります。そのようなリスクのないオーストラリア留学は、実際の留学生活において留学期間を最大限に有効に使うことができるといえるでしょう。

アジアに最も近い英語圏であること

オーストラリアはアジアに最も近い英語圏であり、貿易相手国の1位が中国、2位が日本というように経済的にもアジアと深い結びつきがあります。 留学生の状況をみても、留学生の半分あまりは中国、インド、ベトナム、韓国、タイのアジア5ヶ国からの留学生です。 日本にとってアジアとの関係がますます重要になっている状況を勘案すると、英語圏であり且つ多くのアジア人の留学生と共に学べるオーストラリア留学は、これからの留学生にとって一層魅力的な留学先と考えられるでしょう。

個性的なプログラム

今回の留学フェアは、私たち留学エージェントにとってもオーストラリアの教育関係者から直接お話を伺える貴重な機会でした。 オーストラリア留学の魅力を再認識して、可能性ある素晴らしいプログラムをご案内していけることに喜びを感じました。さらに、同じようなプログラムであっても、直接に教育担当者にお話を伺い詳細を比較してみると、各校のプログラムにはそれぞれ特長と違いがあって、ちょっとした違いが、留学生にとっては大きな違いになり得ることもわかりました。そのような特長と違いをお伝えしていくのが、私たち留学エージェントの重要な役割であると思います。 当社オーストラリア留学エッセンシャルズでは、当サイトを通じて留学生の視点からみて魅力的なコース・個性的なプログラムをご紹介して参りますので、どうぞご期待ください。

Kyoko

外資系ファイナンスでの経験や、技術独立移住ビザを取得してのオーストラリアへの移住体験から、キャリア&ライフトランジション・オーストラリア留学に関するサービスを提供。
より多くの人が自分をよく理解して、自分に合ったワーク&ライフスタイルを送れるようにという想いで活動をしています。
オーストラリアの大自然が大好きです。

関連記事

  1. ケアンズを海から見た風景
  2. オーストラリア就職&移住を視野に入れた留学のイメージ画像
  3. オーストラリアのイメージ画像
  4. マンリービーチの写真

おすすめ記事

  1. マンリービーチの写真
  2. 桜の木の画像
  3. 「オーストラリアは社会人留学にこそおすすめ」のイメージ画像
  4. ブリスベンシティの写真
  5. ゴールドコーストのヨットハーバーの写真




PAGE TOP
テキストのコピーはできません。