英語留学にインターンシップを加えて
自分だけのキャリアストーリーをつくろう!

インターンシップで自分だけのキャリア体験をしよう

英語留学の総仕上げにインターンシップを体験することで、留学に自分だけのオリジナルなキャリアストーリーが加わります。

英語を使っての面接、オーストラリアの職場での英語を使う日々、英語での会議や打ち合わせ、上司や同僚とのさまざまな会話・・・。すべてが教室での勉強では体験できない実際の職場でのリアルな経験です。語学留学の最後の仕上げとして、これらの経験は、留学後の就職・転職活動に大きな自信を与えてくれることでしょう。

インターンシップをおすすめする理由

インターンシップは、オーストラリアの職場で実際に英語を使って仕事をするという貴重な機会になります。数週間という短い期間であったとしても、英語留学だけとは違う大きな差が生まれます。

  • 企業の採用担当者は、留学で何をしてきたかを必ず確認します。その際にインターンシップで実際の企業で働いた経験と学んだことを、向上した英語力を使って上手にアピールすることは、たいへん効果的です。
  • 日本へ帰国後に外資系企業への転職、あるいは海外就職をめざす場合には、インターンシップでの経験とインターンシップ先の企業からのレファレンスは、就職・転職活動を有利に進めるのに役立ちます。
  •  特に英語力をアップしてのキャリア・アップ転職を目標とする場合、これまでの積んで来たキャリアの分野かそれに近い分野で数週間のインターンシップを経験することで、実践の場での英語コミュニケーション力が向上します。
  • インターンシップ体験が留学後の方向性を決めたり、インターンシップ先企業とのつながりから帰国後の就職転職へとつながるケースもあります。

事前にインターンシップを含めた留学プランニングする

インターンシップといっても、自分の英語力とインターンシップ先での職種によって、その内容は大きく異なってきます。
単なるカジュアルなアルバイトではなく、自分が希望する職種や企業でインターンシップをするためには、世界各国からの留学生が戦略的に準備をしているように、事前にインターンシップを盛り込んで留学をプランすることが大切です。

英語力が十分でないなら英語学校がアレンジする「英語+インターンシップ」がおすすめ

英語力が十分でない場合には、オーストラリアへ出発する前にインターンシップをアレンジすることは難しいので、オーストラリアへ渡り、英語学校で英語力を向上させてからのインターンシップ参加が前提となります。

その場合には、英語学校がアレンジしてくれる「英語+インターンシップ」をおすすめします。インターンシップのアレンジに実績のある英語学校、ビジネス英語など自分の目的に合う英語コースを設けて英語学校を選び、留学プランニングの段階でインターンシップを事前に計画すると、限られた留学期間を効率的に使うことができます。

事前のプランニングが決め手!渡豪前にIELTS、英文履歴書、英語面接の準備をしよう

IELTS(アイエルツ)の準備

インターンシップ参加には、多くの場合、英語テストのIELTS(アイエルツ)でポイント5.5以上の英語力が必要になります。もちろん、英語力が高いほどインターンシップ先のの選択肢が広がります。

英語留学をする場合でも、オーストラリアへ出発する前に、日本国内でできる限りのIELTSの勉強をしておくようにするとよいでしょう。

英文履歴書と英語面接の準備

キャリアを効果的にアピールできる英文履歴書(レジュメ)を作成

インターンシップの採用のプロセスは、基本的に通常の採用プロセスと同様です。つまり、履歴書による選抜、そして履歴書選抜に通った候補者を対象に面接が行われます。

希望のインターンシップ派遣先でのインターンシップを実現するには、事前に自分の学歴・職歴を最大限にアピールできる英文履歴書を準備しておくとよいでしょう。そうすれば、渡豪後には、渡豪してからの英語留学やアルバイトの内容を加えることで、アップデートされた英文履歴書を作成することができます。せっかくの応募のチャンスを逃さないためにも、限られた滞在期間を最大限に使うためにも、ぜひ英文履歴書を事前に準備しておくようにしましょう。

英語でのインタビュー(面接)の練習

インターンシップ参加には、英語でのインタビュー(面接)プロセスが必須になります。インターンシップといえども、一般的な面接と同じように準備が必要です。特に、英語でのインタビューになるので、事前に自分をどのようにアピールできるのかをしっかりと考えたうえで、下記のような準備が大切となります。

      • 想定される質問に英語でスムースに自然に対応できるように準備しておく。
      • 緊張しすぎないようにロールプレイを通じて面接の準備をしておく。
      • 自分の良さを出した第一印象を出せる工夫をする。
      • 応募する職種にあった話し方、雰囲気での対応を練習しておく。

このようなインターンシップでの求職活動の準備が、英語力の向上や将来の就職転職の準備にもつながり、海外インターンシップ体験に単なる職業体験を超えた魅力がある理由ともなっています。

まとめ

インターンシップでの実践の体験は、今後のキャリアにおいての自身の方向性や可能性、あるいは自身の強みや弱みの発見にもつながることでしょう。英語の語学コースに参加するならば、ぜひ英語留学のあとに、インターンシップを体験するプランを検討してみませんか?

オーストラリア留学エッセンシャルズでは、安心して参加できる「英語+インターンシップ」コースをご案内しています。「英語+インターンシップ」にご興味を持たれましたら、問い合わせフォームからお問い合わせください。

おすすめ記事

  1. ゴールドコーストのヨットハーバーの写真
  2. マンリービーチの写真
  3. 「オーストラリアは社会人留学にこそおすすめ」のイメージ画像
  4. 桜の木の画像
  5. ブリスベンシティの写真




PAGE TOP
テキストのコピーはできません。